商標登録について

商標権とは

商標とは、自己と他人の商品やサービスを区別する名称やマークで、商標と共にお客様の信用を保護します。
それらを独占的に使用できる権利を商標権といい、 特許庁に出願・登録することで保護対象となります。
商標権の存続期間は10年ですが更新も可能です。


商標権を取得するメリット

商標権は登録後更新することで、半永久的に独占して商標を使用することが可能となる大変強い権利です。
これによりブランドとしての確立や、他社による模倣の防止など、市場での優位性を維持し、高い利益を得ることが期待できます。
また、商標権を有していない場合には、商標権を取得した権利者側から使用を制限される可能性もございます。
これは商品に使用する名称やマークだけで無く、社名や店名、屋号等でも同様です。
そのため、事前に権利を取得し、それら事態を未然に防ぐことも重要なメリットの一つとなります。


商標に関するサービス一覧

当事務所では下記内容を基本に、お客様のご要望に合わせて対応させていただいております。

1.国内の商標登録

 ・先行商標調査
 ・国内商標登録出願
 ・国内中間応答
 ・審判・訴訟

2.外国の商標登録

 ・外国商標登録出願
 ・外国中間応答

3.権利の管理

 ・年間費支払い
 ・権利移転
 ・ライセンス登録

4.他者の権利対応

 ・異議申立
 ・無効審判
 ・取消審判
 ・登録商標の調査


商標権を取得するには

商標権を取得するには、特許庁に出願手続きをして審査を受けなければなりません。
審査結果によっては、補正書・意見書等を提出、または審判請求などの中間手続きが必要となる場合があります。
お客様のさまざまな条件・ご要望に合わせて対応させていただきます。
まずは、以下のバナーから気軽にお問い合わせください。